債権譲渡

債権譲渡とは

債権譲渡とは、自分が相手方に対して持っている債権を第三者に譲り渡すことで、回収不可能と思われた未収金を間接的に回収することができます。

今後相手といい関係が築けそうになく、取引を終了してもいいと考えている場合などに利用します。

例えば、あなたに支払い義務がある相手方をA、Aの取引先でAに支払うべき債務を負っている第三者をBとします。

BがAに何かしらの債権を持っていることをあなたが知っており、BもAとの取引を今後続ける気がなければ、あなたのAに対する債権を安くBに譲ることができます。

全額の回収はできませんが、もともと回収できるかわからないような債権ですので、いくらかの割引は覚悟する必要があります。

あなたは、Aに対して債権をBに譲渡したことを内容証明で通知します。

Bがその後、Aから債務に対する支払いの請求を受けた時、あなたから譲渡された債権により相殺することができ、これによって両方の債権がなくなることになります。

 

債権譲渡の注意点

債権譲渡を行う場合、債権に譲り渡し禁止の特約がついている場合は注意が必要です。
また、年金受給権などは譲り渡し自体が法律で禁止されています。

どのような債権なのか、支払日はいつなのかなどを、契約書などでしっかりと確認する必要があります。

また、既にその債権が他の人に譲り渡されたものかどうかに気をつけておかないと、自分が譲り受けたと思っていた債権が、実は既に履行されていたという状況に陥ってしまう可能性もあります。

債権を譲り受けた場合は、譲り渡された事実を相手方に通知するか、相手方側から承諾を行うことが必要です。

未収金回収の実績が豊富な当事務所では、債権譲渡に関するご相談も承っております。

お気軽にご相談ください!

家賃回収・明渡請求の無料相談実施中!06-6433-5007