相殺

相殺とは

相手方に対してこちらも債務を負っている場合、同額の債務であれば返済を受けない代わりにその債務も免除してもらうことができます。

このように、同じような種類の債権をお互いに持っている場合、債権と債務を差し引いて消滅させることを「相殺」といいます。

未収金の回収が難しいと感じた場合で、こちらも相手方に対する未収金がある場合には、きわめて有効な方法です。

ただし、この手段はいつでも使えるというわけではなく、時期的な制限があります。

簡単に言えば、こちらが相手方に対して持つ未収金の支払期日が過ぎていなければなりません。

例えば、AさんがBさんに対して50万円の借金があると同時に、Bさんに対して50万円の貸金が存在する場合、

借金と貸金を差し引きます。

これで、Aさんは相殺によって50万円を回収したことになります。 

相殺は相手方への一方的な意思表示のみで成立しますが、証拠として残すために内容証明郵便を利用することが重要です。

さらにリスクを軽減するには

契約を交わす時点で、こちらも相手方に対して債務を負っている場合、あらかじめ相殺を予約する旨を契約内容に盛り込んでおくことも回収リスクを軽減する方法として有効です。

この特約は民法にも明記されているもので、相手方の支払日がくる前でも相殺を行ってもよいとする旨を特別に契約に盛り込むことを指します。

このような特約を設けることで、いつでも相殺可能となるわけです。つまり、相手方が支払ってくれるかどうかが不安になった時点で、すぐに相殺が可能になります。

この点でリスクを軽減できる手段になるのです。

相殺は、通知の行い方に気をつけなければなりません。

また、相殺予約の特約を契約書に盛り込むにしても、相手方に誤解を生じさせないような文言を定めて文書を作成する必要があります。

未収金回収の実績が豊富な当事務所では、効果的な相殺の運用をサポートさせていただきます。

 

お気軽にご相談ください!

家賃回収・明渡請求の無料相談実施中!06-6433-5007